背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |

背中ニキビ治療の有効成分2

背中にきびに効くナイアシンアミド

ナイアシンアミドとは、ビタンミンBの仲間の成分です。ビタミンB群のその多くは皮脂の合成や代謝に大きく関係しており、ビタミンB群が不足することにより、皮膚の機能低下や肌荒れ髪の成長を妨げられてしまいます。

ナイアシンアミドは角質のバリア機能を担っているセラミド、脂肪酸、コレステロールをバランスよく増やし、その結果背中にきびをバリアする角質機能が正常になるといいます。

このビタミンB3や、ナイアシンアミドの効果で、肌の水分が保たれ背中にきびになりにくい肌にもなるといいます。ビタミンB3の成分ナイアシンアミドを上手に利用することは背中にきび予防の対策ともなりますから、肌の水分を保ち、健康な肌を保っていきたいものですね。

背中にきびに有効なサリチル酸とは

背中をケアして、背中にきびの予防に有効な成分として、「サリチル酸」という成分があります。サリチル酸はにきび、背中にきびに効く医薬部外品で、米国では、にきび治療のスキンケア製品として、使われています。

低濃度にしたサリチル酸の成分を塗ると、ケア穴の入り口の角栓がだんだん溶かされていき、にきびができにくくなるといいます。背中の皮膚は強いので、強いピーリングが必要だといい、病院でにきび治療をする際には高濃度のサリチル酸を使用して、ピーリング治療をする場合もあるようです。

背中にきびをそのまま放置しておくと、慢性の炎症をおこし、それが色素沈着や傷跡として、残ってしまうケースがあるといいますから、注意しなければなりません。

サリチル酸を使用した、ピーリングの治療方法は効果的なようですが、使用頻度は1ヶ月の間隔をあけるのがよいそうです。そのうえで、数回繰り返すと背中にきびに効くとされているようです。

背中にきび治療にはイオウを

イオウには、角質表面のたんぱく質と結合し、角質をはがすというピーリングの効果があるといいます。そのために、にきび向けの医薬部外品として、広く使われている成分であるようで、思春期のにきびから大人にできやすい背中にきびの治療にも有効利用されているようです。

しかし、イオウの使った後のケアにも気をつけなければなりません。イオウを使って、ピーリングした際に、表皮がむけたり、乾燥しやすい状態になりがちなので、使用後は、化粧水などで、水分を補っておくことが大切です。

このイオウの成分を利用した治療法は皮脂の多い大人の背中にきびの治療よりも、むしろ思春期の人のにきび治療に有効利用されているようです。米国ですと、大人にきびの治療にはイオウではなくベンジルパーオキシドという成分を利用して、スキンケア製品を作ることがおおいようです。

このスキンケア製品は残念ながら、日本では、まだ、配合することが認められていないようですから、ベンジルパーオキシドを利用した、治療法を受けることができません。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
※楽天市場で検索⇒にきびケア商品を楽天市場で検索

※背中ニキビ専用!背中ニキビ専用ジェル『Jewel Rain(ジュエルレイン)』


▼同カテゴリー「 背中にきび治療 」の記事一覧
ケミカルピーリング
レーザー治療
フォトフェイシャル
ビタミンC誘導体
背中にきび治療の有効成分1
背中ニキビ治療の有効成分2

背中にきびの原因

背中にきびの症状

背中にきび跡

背中にきびの予防と対策

背中にきび治療

その他のニキビ治療対策

リンク集

 
背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |