背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |

背中にきびと胸ニキビ

背中にきびと胸にきび

にきびは身体の顔や背中や胸の部分にできやすいものです。とくに胸にきびと背中にきびというのはボディによく見られるにきびでこの症状は大人によく見られる症状だということです。このような大人にきびが重症になって、クレーター状のにきび跡を残すことがあるかもしれません。

胸にきびも背中にきびと同様に、下着に寄る締め付けや、通気性の悪い下着着用
よって、にきびを作る原因となることがあります。また、このことが、にきびの症状を悪化させ、クレーターを作る原因となってしまうことも多いようです。

更に、汗をかいたまま放置しておくことも、にきび症状を悪化させ、クレーターを作る原因ともなります。帰宅後はお風呂に入ったりして、汗や汚れを落とし、きちんと保湿を行うことが必要だといわれています。

身体にできる胸にきびや背中にできる背中にきびも顔のにきびのケア同様肌を清潔にすることが基本になります。胸にきびも背中にきび同様に色素沈着を起こしやすくクレーターになりやすい傾向があります。この事からも日頃から肌の予防やケアをしていく必要がありそうです。

「お血型」って何?::背中にきびコラム

にきびの症状の中で、「お血型」と呼ばれる症状があります。この「お血型」という症状は、にきびができて、治った後に、赤紫色の皮膚が残る症状を呼ぶのだそうです。

中医学的にいうと、この色素沈着状態を「お血」と呼んでいて、様々な原因による血液の流れが停滞することを意味しているようです。色素沈着である「しみ」もこのお血型に属するようです。

症状としては、「気滞お血」「気虚お血」「痰お互結型」と呼ばれる症状があるようです。背中にきびも含めにきびの症状は単独で存在する事は少なく、他の何らかの要因もあるので、いくつかの要因の対策も同時に行われるといいます。

背中にきびの症状を改善するためには、汚れや汗を溜めないように背中を清潔
にしておくことが一番の解決法だとされています。しかし、石鹸、シャンプーなど色々な要因もありますから、正しい洗い方やケア方法を身につけて、「お血型」などの背中にきびの症状に陥らないように注意していきたいものです。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
※楽天市場で検索⇒にきびケア商品を楽天市場で検索

※背中ニキビ専用!背中ニキビ専用ジェル『Jewel Rain(ジュエルレイン)』


▼同カテゴリー「 背中にきびの症状 」の記事一覧
白にきびと黒にきび
赤にきびと黄にきび
背中にきびと新生児にきびの違い
背中にきびと胸ニキビ
脾胃湿熱型にきび・ステロイドにきび

背中にきびの原因

背中にきびの症状

背中にきび跡

背中にきびの予防と対策

背中にきび治療

その他のニキビ治療対策

リンク集

 
背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |