背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |

背中にきびと新生児にきびの違い

背中にきびと新生児にきびの違い

にきびの種類には「新生児にきび」というものがあるといいます。「新生児にきび」とは厳密にいえば生後1ヶ月(28日め)までの新生児期に発症する種類のにきびだということです。

現実には生後2週間程度の新生児から発症することも多いようで、生後3ヶ月までに発症する場合までを含めて「新生児にきび」と呼ばれているのだそうです。

「新生児にきび」は男児に多いといわれていて、顔面やほほに発症しやすく前頭や頭部などにもみられ、生後8ヶ月以内には消えるのが一般的だといいます。大人にきびとの大きな違いは「新生児にきび」の場合は胸や背部に生じることはほどんどないようです。

ですから、大人にきびに現れるような、背中にきびは「新生児子にきび」の症状にはあまりないようです。背中にきびの原因には、食生活や、生活環境、ストレスなど普段の生活や社会的要因が原因ともなり、原因の究明や適切な処置が必要とされています。その要因の違いからも背中にきびなどの大人にきびと「新生児にきび」との違いがわかります。


職業性にきびって何?:背中にきびコラム

にきびや背中にきびの種類の中で「職業性にきび(油性ざ瘡)」と呼ばれる症状があるといいます。

「職業性にきび(油性ざ瘡」とは多種油が原因で起きるにきび症状です。石油やワセリン、機械油を取り扱う職業の人が「職業性にきび(油性ざ瘡)」なりやすいようです。

これらの油には皮脂と同様に面皰を作る作用があるといいます。特に原油を取り扱う人にこの「職業性にきび」の症状を発症する人が多いようですが、食用油(植物性や動物性)を取り扱う人にも食用油との接触が原因で「職業性にきび」の症状を起こす人もいるようです。

これらの油を取り扱う職業の人は職業柄、どうしても油のしみこんだままの衣服を長時間着用し続けている傾向にあります。また、機会のメンテナンスをしている業者の方にも「職業性にきび」の症状は現れるといいます。

一般的には、油や石油などの原因物質と、常に接触していることが要因となるのでこれらの原因物資との接触を絶つ事で改善ができるといいますが、この改善方法は無難しいのではないでしょうか。

せめて、汗をかいた衣類をまめに替えたり、まめに洗ったりすることでできるだけ背中を清潔に保ち、背中にきびにならないようにきをつけていきましょう。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
※楽天市場で検索⇒にきびケア商品を楽天市場で検索

※背中ニキビ専用!背中ニキビ専用ジェル『Jewel Rain(ジュエルレイン)』


▼同カテゴリー「 背中にきびの症状 」の記事一覧
白にきびと黒にきび
赤にきびと黄にきび
背中にきびと新生児にきびの違い
背中にきびと胸ニキビ
脾胃湿熱型にきび・ステロイドにきび

背中にきびの原因

背中にきびの症状

背中にきび跡

背中にきびの予防と対策

背中にきび治療

その他のニキビ治療対策

リンク集

 
背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |