背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |

背中にきび跡のケア

背中にきび跡のケアについて

背中にきびのできるにきび跡は、にきびのできる部位によって違います。普通の皮膚科では、にきび跡に残った肌の赤みや茶色っぽいしみの場合には目だたなくさせることができます。

また、皮膚が陥没している状態や隆起している状態など、皮膚の硬くなった場合でもその状態を目立たせなくすることができるといいます。背中にきび跡の治療には、レーザーでの処置や特殊な治療法、又は、皮膚を削って治療など外科的な治療を伴うこともありますが、そのときの背中にきびのにきび跡症状や受診する医者の治療方針により治療方法が決まるようです。

いずれにしても、背中にきびの跡を残さないようにケアすることが大切です。ビタミン類を積極的に摂り入れたり、脂質の高い食品を摂りすぎないよにしまた、肌のケアにも心がけるなど、背中にきびやにきび跡を残さないよう気をつけることが大切です。

背中にきびの跡 熱いお湯での洗浄も効果的

にきびができれいる顔を洗うときには、通常ぬるま湯を使うのが良いという認識をもつ方も多いのではないでしょうか。しかし、近頃言われていることには、実は42から43度程度の熱いお湯で洗浄したり、洗顔する事で、にきびの跡というものが残りにくくなるとも言われ始めているのだそうです。

例えば、ぬるま湯でにきびができた顔を洗うと、毛穴が開いたまま皮皮が再生してしまいそれが、背中にきびの跡として、残ってしまうといいます。でも、この時、熱いお湯を使うと真皮の血管が拡張して、にきび、周囲のくぼみの祖引きを押し上げる結果となり、にきび跡程度の穴ならふさがってしまうのだといいます。

背中にきびが重症で、肌の奥まで穴が達している場合でも42から43程度の熱いお湯なら血管も拡張し、穴が小さくなるので、跡が残りにくくなり、毛穴も再生され、にきび跡の穴もきれいに修復することが期待できるようです。ぬるいお湯ではなく42から43程度の熱いお湯で洗う、このことが背中にきびのにきび跡のケアには良いようですから、実行してみるといいでしょう。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
※楽天市場で検索⇒にきびケア商品を楽天市場で検索

※背中ニキビ専用!背中ニキビ専用ジェル『Jewel Rain(ジュエルレイン)』


▼同カテゴリー「 背中にきび跡 」の記事一覧
背中にきびの原因と皮膚のしくみ
背中にきび跡 クレーター・色素沈着
背中にきび跡の治療法
背中にきび跡のケア
エステで背中にきび跡をケア

背中にきびの原因

背中にきびの症状

背中にきび跡

背中にきびの予防と対策

背中にきび治療

その他のニキビ治療対策

リンク集

 
背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |