背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |

背中にきびの原因と皮膚のしくみ

背中にきびの悪化によるにきび跡その原因は?

背中にきびを悪化させてしまうと、悲しいことににきび跡として残ってしまいます。背中にきびの悪化の原因は、できてしまった背中にきびを、自分の勝手な判断で、適切でない治療をしたりすることに寄ることが多いようです。

また、顔と違って背中の部分ににきびができているなどとは、なかなか気付きにくいもので、にきびに気づかないままに放置していたことから、炎症を起こし、背中にきびを悪化させてしまうことも原因にあるようです。

にきび跡を残してしまっても美容外科のレーザ治療など最近の美容技術では、処置できるのだそうですが、もし背中にきびの跡をつぶしてしまったら、最悪の状態になりますから、そうなる前に対処しなければなりません。

また、いくら背中にきびを治療しても、治療後にも衣類や寝具などの不衛生な状態にしておいては、にきび跡を残しかねません。背中にきびはとてもデリケートで難しい症状だといいます。悪化させてにきび跡が残ってしまい、つぶしてしまうなどの事態に陥らないよう原因を作らない努力が必要です。

背中にきび 皮膚層について

にきびや背中にきびの症状を重症にしてしまった場合、にきび跡として、肌に色素沈着が残ったり、凹凸のクレーター状態の跡が残ることがあります。クレーター状態の跡は、角質層の真皮層やその下の組織にまでも、背中にきびの炎症が及んでしまい、瘢痕が形成されてできてしまうのだといいます。

皮脂の一番外側にある表皮は重要な役割として、異物や細菌が人の体内の進入を防ぐという役割をしているのだそうです。例えば転んで擦りむいた時にはこの表皮がはがれてしまいます。表皮の下には真皮という腺維組織と弾性組織からできている組織があります。

真皮はたんぱく質のコラーゲンとフィブリンから形成されていて、皮脂腺や汗腺、さらには毛包などが真皮に存在しているのです。背中にきびが重症になってしまい、ダメージをうけると真皮までも傷ついてしまい、回復に至るのが難しくなるようです。

そのため、にきび跡は一生残ってしまう可能性があります。背中にきびを作らないように、またにきび跡を一生残さないように、皮膚層を守る事も大切です。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
※楽天市場で検索⇒にきびケア商品を楽天市場で検索

※背中ニキビ専用!背中ニキビ専用ジェル『Jewel Rain(ジュエルレイン)』


▼同カテゴリー「 背中にきび跡 」の記事一覧
背中にきびの原因と皮膚のしくみ
背中にきび跡 クレーター・色素沈着
背中にきび跡の治療法
背中にきび跡のケア
エステで背中にきび跡をケア

背中にきびの原因

背中にきびの症状

背中にきび跡

背中にきびの予防と対策

背中にきび治療

その他のニキビ治療対策

リンク集

 
背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |