背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |

ビタミン摂取で背中ニキビ予防

ビタミン類を摂り入れることで背中にきびを予防

背中にきびを作らないための予防方法としては、体内の環境から整えていくというという予防方法もあります。様々なビタミン類、これらは、肌の内部で従来の作用を発揮させ、様々な肌の病気予防に効果を現すとともに背中にきびの予防や、肌の老化防止などにつながる必要な栄養素です。

例えば、血液の流れを良くするビタミンEは、末消循環不全に伴う皮膚病に効くといわれています。またビタミンB郡では、脂肪を燃やし代謝がよくなりますから、脂漏性皮膚炎に効果的です。

また、ビタミンCは酸化防止作用がありますし、メラニンの合成阻害作用により色素沈着のともなう皮膚病治療に効果的です。そして、ビタミンAを摂り入れる事が肌び老化防止につながり、若返り効果も背中にきびの予防にもなります。

これらビタミン類を取り入れることが背中にきびの予防だけでなく、にきび後の治療から小じわ、美白に至るようですから、普段から、必要な栄養素であるビタミン類を摂取して、体内環境を正常化させておきましょう。

背中にきびの治療にはビタミンCの摂取を

ビタミンの中でもビタミンCに注目して背中にきび対策を考えてみたいと思います。

ビタミンCはメラニンの産生抑制効果を持っていて、コラーゲンの合成促進坑酸化作用などのすぐれた機能ももっているといいます。ビタミンCは肌の深部まで浸透されると、肌の内部でその作用が発揮されますから、背中にきびの治療や、にきび跡改善、更には、美白や小じわ治療にも有効だといいます。

ハリを保たせるコラーゲンの形成にも役立つので、美しい肌を保つためにも欠かせない栄養素です。このビタミンCは、体内に留まっている時間が非常に短いと言いますから、積極的に摂取するよう工夫しなければなりません。

一日に50ミリグラム摂り入れるのが理想的ですから、食事にも大いに摂り入れ足りない分はサプリメントなどで、補給するなどの努力をして、背中にきびをケアしましょう。

ビタミンB類で背中にきびの予防を

次にビタミンBを見てみましょう。ビタミンB群は脂肪の摂りすぎによって、どんどん使われて不足してしまうといいます。特にダイエットをしている若い女性などや偏食をしている人はビタミン不足に陥る傾向にありまから、過度のダイエットや、コンビニやファーストフードをよく利用している人は要注意です。

甘いものや、脂っこいものが好きな人にもビタミンB不足になる傾向があります。ですから、積極的に摂り入れるよう工夫していかなければなりません。ビタミンB6は皮膚の健康を保つために必要ですし、皮膚の抵抗力を高める作用もありますので背中にきびにの予防には有効です。

また、ビタミン2は皮膚の再生や成長の促進、さらには、新陳代謝を助けるのに必要でもあります。ビタミン2もビタミンB5も脂肪代謝に必要であり、ビタミンB1は糖分の代謝に不可欠な栄養素です。多種のビタミンB類を摂り入れたバランスのよい食生活に心がけ、背中にきびを予防しましょう。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
※楽天市場で検索⇒にきびケア商品を楽天市場で検索

※背中ニキビ専用!背中ニキビ専用ジェル『Jewel Rain(ジュエルレイン)』


▼同カテゴリー「 背中にきびの予防と対策 」の記事一覧
保湿で背中にきび予防対策
背中の洗い方を見直そう
ビタミン摂取で背中ニキビ予防
食事で考える背中にきび予防対策
石鹸・ボディーソープの使い方
ボディーソープの紹介
専用タオルを使おう
背中にきびケアのための化粧水

背中にきびの原因

背中にきびの症状

背中にきび跡

背中にきびの予防と対策

背中にきび治療

その他のニキビ治療対策

リンク集

 
背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |