背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |

ストレス・夜更しが背中にきびに

ストレスが原因となる背中にきびとは

背中にきびができる原因のひとつにはストレスがかかわっていることがあるようです。例えばストレスからくるホルモンバランスの崩れ、そのホルモンのバランスが背中にきびに関わってるといいます。

慢性的にストレスに悩んでいる人ですと、交感神経が活性化され、糖質コルチノイドという坑ストレス物質が分泌されてやすいのだそうです。この坑ストレス物質の分泌は、肌に悪影響をもたらし、背中にきびの原因を引き起こすのだそうです。

また、ストレスからできてしまった背中にきびが更にストレスを溜めることの原因となっては、悪循環をまねくばかりです。

どの人でも、ストレスというのは多少なりともあり、ストレスや悩みを持たない生活を送る事は難しいかもしれません。しかし、できるだけ、心をリラックスさせることができる解消方法を見つけて、ストレスを溜めないようにしていくことが大切です。

ホルモンバランスからできやすい背中にきびとは

ホルモンバランスと背中にきびの関係をもう少し考えてみます。

男性には男性ホルモン、女性には女性ホルモンというものがあり、それぞれのホルモンは普段はバランスを保ちながら、健康な身体をつくる元となっています。しかし、これらのホルモンが、年齢や不規則な生活、ストレスなど、何らかの乱れをおこすと、皮膚の皮脂の分泌量が増えて、このことが引き金になって、背中にきびができやすくなるといいます。

特に女性に関して言えば、月経の前後では、性ホルモンの分泌が大きく変化し、バランスが崩れることにより、皮脂の分泌量も増えるといいます。

このホルモンバランスの崩れている体調が原因となり背中にきびだけなく、肌が敏感になったりするので、顔や胸といった、皮脂が溜まり易い部分にもにきびを作ってしまうようです。きちんとスキンケアをしたり、睡眠不足を解消するなど自分の生活を見直すことも大切です。

夜更かしが背中にきびを作る原因?

夜更かし、このことも背中にきびをつくる大きな原因になります。日頃の睡眠不足や夜更かなどの不規則な生活は自律神経を乱す原因となります。

この自立神経が乱れ始めると、ホルモンバランスも崩れるといいます。これらの悪要因がくすみや肌荒れを引き起こし、交感神経を刺激することによって皮脂の分泌量が増え、背中にきびを作るといいます。

人の肌の新陳代謝がよくなるのは、後午10時ごろから午前2時ごろまでです。その間に夜更かしをしてしまうと、肌への悪影響は免れません。夜更かしをせず、普段から、充分な睡眠をとるなど、規則正しい生活を心がけることが大切です。自分の生活のサイクルを見なおして、背中にきびの原因を作らないようにしましょう。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
※楽天市場で検索⇒にきびケア商品を楽天市場で検索

※背中ニキビ専用!背中ニキビ専用ジェル『Jewel Rain(ジュエルレイン)』


▼同カテゴリー「 背中にきびの原因 」の記事一覧
アクネ菌が背中にきびの原因
汗が背中にきび原因に
シャンプーなどが原因の背中にきび
日焼け・食事も背中にきびの原因
乾燥が原因の背中にきび
アレルギーによる背中にきび
ストレス・夜更しが背中にきびに
不衛生な寝具による背中にきび
背中にきびと大人にきび
背中にきびの角栓とは

背中にきびの原因

背中にきびの症状

背中にきび跡

背中にきびの予防と対策

背中にきび治療

その他のニキビ治療対策

リンク集

 
背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |