背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |

「クリンダマイシン」他

背中にきびに効く薬:クリンダマイシン

背中にきびに有効な薬として、「クリンダマイシン」があります。背中にきびに効くといわれ、その治療にも使われる薬だといいます。「クリンダマイシン」はリンコマイシン系と呼ばれる抗生物質であり細菌がたんぱく質に合成するのを阻害する働きをします。

背中に済む細菌を殺菌するためには、よく効くようで、背中にきびのできている部分の局所に塗って使用します。軽症の背中にきびの場合は局所用薬を皮膚に塗る治療方法が多いようで、クリンダマイシンとエリスロマイシンの2種類の薬が抗菌薬として処方されるのが一般的だといいます。

また、クリンダマイシンはにきびを悪化させるにきび菌(アクネ菌)も殺菌するので背中にきびに赤みや腫れがあっても、防止することができるようです。心配なのは副作用ですが、その心配はほとんどないといいます。しかし、人によっては、痒みや刺激感またはかぶれがおこることもあるようなのでやはり処方には注意が必要です。

コラム:背中にきびの原因を作る紫外線そのSPFとは

背中にきびやしみしわをつくる原因となるものに、紫外線の影響があります。背中にきびを作らないためにも、紫外線にさらさないために色々な方法を取って対処したいものです。

例えば、つば広の帽子をかぶること、日傘をさすこと、特に背中の露出が多い時には、日焼け止めクリームなどを塗ってケアすることなど、紫外線予防対策にも色々あるでしょう。

紫外線防止のための日焼け止めクリームによく表示されているSPFという数値、その数字は何を示して、いるかご存知でしょうか。SPFとは正しくは「sun protection factor」(サン・プロレクション・ファクター)の略で、紫外線防止在の紫外線B波(UVB)のカット効果を数値で現したものだそうです。

このSPFの風地が高ければ高いほど紫外線防止効果は有効だとされています。しかし、使い方を間違うと、汗で、落ちてしまって、背中にきびを予防する効果は得られにくいといいます。

SPF1の数値ですと、15から20分間の間は紫外線防止効果があるといいますから、数値の低い日焼け止めクリークムでも、まめに塗りなおすことで背中にきびを予防にも充分役立つようです。

※おすすめにきびケアを紹介!
【1位】日米売上No.1<薬用プロアクティブ>⇒ニキビケアProactiv
【2位】草花木果でにきびケア⇒ 草花木果4種トライアル
【3位】にきび対策は毛穴から⇒ 草花木果 透肌スキンケアトライアルセット
※楽天市場で検索⇒にきびケア商品を楽天市場で検索

※背中ニキビ専用!背中ニキビ専用ジェル『Jewel Rain(ジュエルレイン)』


▼同カテゴリー「 その他のニキビ治療対策 」の記事一覧
「チョコラBB」で背中にきび改善
「ハイシーBメイト2」「ローランBB」
「オレノデ・バンクリーム」他
「プロアクティブ」
「ORBIS クリアボディローション」他
「草花木果」「コタロー漢方にきび薬」
「クリンダマイシン」他
背中にきびと漢方治療 その1
背中にきびと漢方治療 その2
背中にきび治療の皮膚科紹介
参考になる本の紹介

背中にきびの原因

背中にきびの症状

背中にきび跡

背中にきびの予防と対策

背中にきび治療

その他のニキビ治療対策

リンク集

 
背中にきび治療TOP | 背中にきびの原因 | 背中にきびの症状 | 背中にきび跡 | 背中にきびの予防と対策 | 背中にきび治療 | その他のニキビ治療対策 | リンク集 |